DNA Grooveの”AMARONE”スーツ

DNA GrooveのClaudio顔出しサジェスチョンです。

動画のように「3ロール、2ボタン」のジャケットは、上質なメリノウールを使用することによって、ラペルの返りがとても美しいです。
「バム・フリーザー」と呼ばれる丈の短いセンターベントのジャケットに、ハイウエストのボトムスのスーツは、すでに在り来たりになってしまった3つボタンでサイドベンツのジャケット、ローライズ気味のセットアップと比較して、とても新鮮で男らしく見えます。

特に60年代初期のイギリスのモッズに好まれたウエステッド・スーツが、カジュアル化していってしまう以降のスタイルに比べて、いかにクールか思い知らされます。日本には、タブカラーシャツとともに、今月末に入荷予定です。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment